2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

他のアカウント

Facebook Mixi Twitter

« 天からのお言葉をお伝えするということ | トップページ | 癒しイベント「近江の国 癒しの庭」に出展します。 »

2015年7月16日 (木)

「チャネリングってなに?」上の方に聞いてみた

先日いつもお世話になている癒しの風foomiのふうみさんより「チャネリング講座やってみませんか~?」とお誘いをいただきました。
わお~~~~~!やります!やってみたいですっ!!と即答したものの、
チャネリング、人様に教えるって・・・どうやるんデスカ?? ヾ(°∇°*) オイオイ@

・・・ということで、上の方に聞いてみました。



★チャネリングって何ですか?★

 通常では判らぬ世界、視えぬ世界、いわゆる高次元につながることによって
 高き存在からの助力を得ることなり。


★チャネリングするために必要なことは?★

 より高き次元に繋がるためには、常に波動を高く保つことが肝心じゃ。
 波動を高く保つためには、「徳」を積むことが大切であるぞ。


★「徳」を積むためには何をすればいいですか?★

 まずは、善いと感じることは、すぐに実行することじゃ。
 たとえ善きことでも、いやいや、仕方なしにするのと、
 「はい!喜んで」とするのでは、得られるものが違ってくるというものじゃ。
 常に「思い(心)」と「行動(行)」そして「言葉(口)」が一致していることが
 「徳を積む」ことにつながるのじゃ。


★チャネリングをするために大切なこととは?★

 何を目的として行うか?それによって「繋がる先」が決まるのじゃぞ。
 「チャネリングをして有名になりたい、お金を儲けたい、人より優れたい」
 我欲やエゴでチャネリングを始めれば、低い次元へ呼びかけることとなり
 「魂の成長を促したい、向上したい、人のために役に立ちたい」
 そういう思いからなされたチャネリングは、高き次元からの響きが還ってくるのじゃ。
 これこのように低き次元の存在は常にそなたらを虎視眈々とつけ狙い、
 高き存在はそなたらを助けようと、そなたらの呼びかけを待っておるのぞ。
 それゆえ常に自らの行動や言葉を省み、「徳」をつみ、
 波動を高めて行くことが大切であるのぞ。
 さすればそれ相応の高き存在が降り立ち、常にそなたらを守り導くであろう。


★チャネリングによって出来る事、出来ない事とは?★

 人は常に自分の足で歩いていかねばならん。誰も肩代わりしてくれる者はおらん。
 高き次元の存在はそなたらを導き、助言することは出来ても、
 それ以上でもそれ以下でもないのであるぞ。
 常に決定権はそなたらにありて、助言を受け入れるも受け入れぬもそなたら次第。
 問題を解決できるのは、そなたら自身であると言う事ぞ。
 なれど、チャネリングによって得られるものは遥かに大き助けとなるぞ。
 高き次元の波動に触れることにより、そなたらの魂の成長は著しく加速され、
 さらなる成長を得ることが出来るのじゃ。
 魂が成長すれば、今まで問題でありたことさえ、
 また成長の糧でありたことが解りてくるぞ。
 さすれば人生に問題などなにもなく、善きも悪いもなく
 必然であることが解りてくるぞ。
 高き次元の存在たちは、そのためにこそなたらを導いておるのぞ。




・・・・という、ありがた~~~~~いお言葉を頂きました。

「徳をつむ」・・・・ という言葉が出て来た時は、正直びっくりしました。
チャネリングに「徳」が必要だったとは思いもしませんでした。
でも、よ~く考えてみれば、すごく理にかなっているというか
まったくその通り、なことなのかもしないな~と思います。
いろいろチャネリングの本も読みましたが、天からのお言葉は目からウロコでした。
「心」と「行」と「口」・・・を合わせること、大切ですね。
ありがとうございました。


祈りと感謝をこめて@いつき

« 天からのお言葉をお伝えするということ | トップページ | 癒しイベント「近江の国 癒しの庭」に出展します。 »

チャネリングとは」カテゴリの記事

チャネリングメッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2161154/60755255

この記事へのトラックバック一覧です: 「チャネリングってなに?」上の方に聞いてみた:

« 天からのお言葉をお伝えするということ | トップページ | 癒しイベント「近江の国 癒しの庭」に出展します。 »